2017.02.08 Wednesday

シアヌークビルから首都プノンペンへ

2017年2月2日〜4日

 

今日は、シアヌークビルから首都のプノンペンに向かいます。

 

大きいバスに乗ろうか?現地で探そうか?どのバスに乗ろうか迷っていたのですが、日本に居る時に、偶然日本人が運営するといった安いバスを見つけた。ゴールデン バイヨン エクスプレス(Golden Bayon Express)

英語サイトですが、日本で予約して行きました。一人10ドルで座席指定も出来た。安いのも理由ですが、大きいバスより移動時間が短い。僕はハイエースだと思っていましたが、シアヌークビルからプノンペンはマイクロバスでした。AM7:15に出発して渋滞も重なり12時頃着と5時間位掛かった。ホームページを見ますと、シアヌークビルからプノンペンは4時間と記載があった。

 

シアヌークビルのオフィスは、ライオンの像、ゴールデン・ライオン・サークルの後ろ側です。

IMG_4061.jpg IMG_4062.jpg

プノンペンに到着。プノンペンのゴールデン ライオン エクスプレスオフィスはセントラルマーケットの近くです。

IMG_4063.jpg

暑いのでトゥクトゥクに乗ろうと思ったのですが、歩いて15分と徒歩圏内でしたので歩いてみた。

今日のお宿は、ラチャナ ホステル(RACHANA HOSTEL)一泊一部屋の値段で21,25ドル(日本円114円計算で2,422円)一人計算1,211円

周りに色々ある立地で決めました。温水シャワー、エアコン、冷蔵庫、テレビ(NHK)、WiFiも感度OK

IMG_4064.jpg IMG_4066.jpg

 

ご予約は下記へどうぞ!

 

明るいうちに地理、方向感覚を確認するために散歩。右の写真はトンレサップ川、メコン川と合流しています。

IMG_4067.jpg IMG_4068.jpg

リバーフロント・エリア

昼夜を問わず外国人客でにぎわうエリア(地球の歩き方から)

IMG_4069.jpg

僕はプノンペン2回目です。

昔、泊まったキャピトルに来てみた。今の2016〜17年の地球の歩き方には載っていませんでした。

なぜ来たかと言うと、昔に食べたオニオンスープが美味しくて、再来店

メニューにもオニオンスープが載っていなくて、店員に聞いても無かった。ですがスープが一つだけ載っていたので注文をしてみた。9,500リエル(日本円で約69円)オニオンが入っていないのでオニオンスープではないのですが、ニンニクチップが入っていて香りが良く美味しかったです。微妙に香草の味が気になる。

IMG_4071.jpg IMG_4073.jpg

 

ご予約は下記へどうぞ!

 

メニューもA4一枚しか無かったのですが、1,5cmくらいの厚さになっていた。以前と比べると仕切りも取っ払ってあって、雰囲気的には昔より治安が良さそうです。ですがトゥクトゥクのお客さんが乗る後ろ側に、ひったくり防止のネットや網が、ほぼ全車付いています。ひったくりは多いのでしょう。シェムリアップのトゥクトゥクには付いていません。

IMG_4072.jpg IMG_4075.jpg

昔は、ここから地元の人達とローカルバスに乗ってシェムリアップに行った。辛かったのを思い出す。

プノンペン〜シェムリアップまで、22,000リエルと書いてある。(日本円で約610円)6時間位掛かります。

相変わらず安い、このキャピトルホテルは、キャピトルツアーもやっています。今のホテル料金は分かりませんが、昔は680円で泊まれました。

IMG_4074.jpg

肉まん、ひっきりなしにお客さんが来ていたので一つ買ってみた。

IMG_4077.jpg

IMG_4078.jpg

夕飯、ここは美味しくなかった。

IMG_4080.jpg

宿に戻ったら、看板が光っていた。ん?

良く見るとトップラウンジと書いてある。これは行くしかないでしょう。

IMG_4081.jpg IMG_4113.jpg

IMG_9834.jpg

IMG_9835.jpg

IMG_9836.jpg

そよ風も感じられて、道路沿いの騒々しさが無く、音楽も程よく気持ち良かった。ビールは、1ドル。

 

気分も良くなり少し元気になった。この差はなんだろうと少し考えてみた。やはり体に感じる事は重要です。道路沿いのオープンテラスで食べている事と変わりはないのですが、このトップバーは静かで、扇風機も回ってなく、そよ風も吹いていて、好きな音楽がほど良い音量で流れていた。欧米人のご年配夫婦1組と、僕たちだけで、この日は凄く良い気持ちでした。

 

次の日も行ってみたのですが、大勢のお客さんがいらっしゃいました。音楽の音量も大きめだった。他のお客さんの煙草の煙も流れてきてテンションが下がったので、一杯飲んで退散です。体に感じる事は需要です。

IMG_9840.jpg

IMG_9842.jpg

 

 

2017年2月3日

 

今日はプノンペンを少し観光します。最初は、トゥール・スレン博物館

今回は日本語のオーディオガイドを付けてみた。地球の歩き方には、施設維持費として3ドルと書いてあったが、僕たちは6ドルだった。値上がりしたのか、オーディオガイドを付けたからなのか確認が出来ませんでした。なぜなら僕は英語が分からないから。

IMG_4085.jpg IMG_4086.jpg

IMG_4087.jpg

今回はオーディオガイドを付けたので、一段と酷さを感じました。

IMG_4088.jpg IMG_4089.jpg

IMG_4090.jpg IMG_4091.jpg

IMG_4092.jpg

 

ここもひどい出来事ですが、ポーランドのビルケナウ、アウシュビッツもひどい出来事です。

ポーランドの日記へ

 

 

次は、キリング・フィールド

IMG_4093.jpg

このトイレ使わせてもらいました。新潟南ライオンズクラブ寄贈のようです。

IMG_4094.jpg

IMG_4095.jpg IMG_4096.jpg

IMG_4097.jpg IMG_4099.jpg

キリング・ツリー

子供達を叩きつけて殺したとか。周りの欧米人さん達が泣いてた。

IMG_4098.jpg

慰霊塔内

IMG_4100.jpg IMG_4101.jpg

IMG_4102.jpg

 

お昼はグリーンボール

ここは、日本に居る時にBSだったかNHKを見たのか忘れましたが、プノンペンに行ったら必ず寄ってみようと思っていた場所です。テレビではお父さんの代から、うどん屋さんだそうです。(お父さんは日本で)テレビでは、ここの店主さんの苦労話もしていた。店主さんか奥さんに話しかけようと思ったのですが、忙しそうでしたので止めました。

IMG_4103.jpg IMG_4104.jpg

IMG_4105.jpg

肉うどん5,9ドル、かつ丼とうどんのセット6ドル、エビの天ぷら3,5ドル

(日本円114円計算、全部で約1,755円) セットにコーヒーが付いていたのに飲み忘れて帰ってきてしまった。残念。

IMG_4106.jpg IMG_4107.jpg

クラタ・ペッパーでコショウを買い

IMG_4109.jpg

夕飯のCURRY BAYで、

チキンカレー4ドル、バターチキンカレー5ドル、ナン1ドル、ライス2ドル

(日本円114円計算、全部で約1,368円)

IMG_4110.jpg IMG_4111.jpg

あまり海外へ行っていない方々へ。現地の料理に比べると、どこの国に行っても日本料理は高めです。インドカレーもどこの国に行っても高めです。そうだグリーンボールの店主さん、従業員にも高めの給料を払ってあげたいとテレビで言っていた。

 

 

2017年2月3日

今日は、何をしようか考えて、せっかくなので、セントラル・マーケットにも行ってみた。

IMG_4114.jpg

朝食です。2品で4ドル。水よりビールの方が安いので必然的に朝からビールになります。暑いし丁度良い。

IMG_4116.jpg IMG_4117.jpg

泊まった宿の近くで、結婚式をしていた。

IMG_4118.jpg IMG_4119.jpg

IMG_4122.jpg

安いお店を見つけた。ハンバーガーとツナサンドはボリュームたっぷりで、両方とも3ドルでした。(日本円114円計算二つで684円)

IMG_4120.jpg IMG_4121.jpg

 

明日は、シェムリアップに戻ります。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 


海外旅行 ブログランキングへ


国内旅行 ブログランキングへ

2017.02.07 Tuesday

ロン・サムレム島から再びシアヌークビルへ

2017年1月30日
 

ロン・サムレム島からシアヌークビルへ戻ります。
下の写真はロン島からロン・サムレム島に来た船だと思います。風が無ければこんな船でも良いのですが、僕達が来た時は風が強くて、波が高く水が入ってきて大変でした。とにかくボートが遅かった。

IMG_3988.jpg

ロン・サムレム島に来たお客さんが下りてから乗り込みます。

IMG_3989.jpg

このチケットは離島へ渡る前に往復で買いました。オープンチケットです。
係員がチケットに出発時間を書いてくれたので、僕は勝手に行って勝手に乗れば良いと考えていた。ですが良く考えていたら満席になったら、どうするんだろうと考えて、やはりBuva Saeのオフィスを探した。ロン・サムレム島に着いた桟橋の前にあるレストランの奥にオフィスがありました。前の日に行って良かったです。オープンチケットでも時間と人数の確認をしていました。乗りたい時間の船が満席になると悪いので決まっていれば早めにチェックインしておいた方が良いかもです。

IMG_3990.jpgIMG_3992.jpg

エンジンが掛かり少し沖に出てエンジンが全開になったとき、なんて爽快で気持ちが良いんだろうと。ボートが早い。便利な物はやはり良いです。文明の力ですね。お金を出してそれに頼る自分が悲しかった。

IMG_3993.jpg

帰りは、ロン島と他のもう一つの島に寄り、所要約1時間。

 

なんか懐かしい、シアヌークビルに戻ってきました。

IMG_3994.jpg

今回のホテルは、サカル ゲスト ハウス
一泊一部屋の値段で25ドル(日本円114円計算で2,850円)一人計算1,425円

IMG_3998.jpgIMG_3999.jpg

僕が泊まったお部屋は、101でした。WiFiのルーターが近くにあったので部屋を変えてもらった。
部屋に入った瞬間、なんて快適なんだろうと感じてしまった。エアコン、テレビ(NHK)、温水シャワー、WiFi、明るい電気、明るい部屋、テーブルとイス。冷蔵庫は有りませんでしたが凄く快適に感じた。

IMG_3996.jpg

 

安いお宿のご予約は下記へどうぞ!

 

シェムリアップからシアヌークビルに来た時は感じなかったのですが、離島のロン島からシアヌークビルに戻ってきた瞬間、あれ?なんでもある。物が安い。なんでも手に入る。やはり街は便利でした。離島から比べると物がないストレスが無い。
離島に居る時は、居る時で良いのですが、離島より都会に便利と快適さを感じた僕も悲しかった。

 

カンボジアにきて初めての日本食です。シアヌークビルには日本食屋さんが沢山あります。

僕達が選んだのは、宿から近い事もあり、市内に3店舗もある、心です。

カンボジアの料理は美味しいのですが同じ味付けで結構飽きてしまいました。せっかくの海外なので日本食屋さんではあまり食べないようにしているのですが、体調も良くないことから無性に日本食が食べたくなった。

IMG_4001.jpg

IMG_4002.jpgIMG_4003.jpg

親子丼とラーメンとオクラです。当然ビールも飲みましたが美味しくて満足です。何かがチャージされた気分です。またしばらく頑張れそうです。全ての値段は忘れてしまいましたが、ラーメンは6ドルでした。

IMG_4006.jpgIMG_4005.jpg

IMG_4004.jpg

 

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

 

今まで海外では自炊をしていたので、ここまで日本食が恋しくはなりませんでした。物価が安かったので自炊するより外食したほうが便利で安いと思ってキッチン付きの宿は予約をしませんでした。次からは旅の間に物価が安い国でもキッチン付きの宿を入れる事を勉強しました。自分で洗って生野菜が食べたい。ハンバーグ定食が食べたい。

 

 

2017年1月31日

 

今日はまだ行っていない町の中心部へ散歩です。

歩いている途中でポツンと屋台があったので、芋の天ぷらと揚げパンを買ってみた。

これがまた美味しかった。2つで2,000リエル(日本円で約55円)

IMG_4008.jpg

学生の女の子が買っていたので僕達も買ってみた。アイスカフェモカ。

IMG_4009.jpgIMG_4010.jpg

気温が暑いのもあり美味しかった。一気に飲むのが勿体無いくらいの美味しさでした。

IMG_4011.jpg

マーケットに着きました。

ここの市場は楽しかったです。なんだろう?他の市場より整理整頓ができている感じです。

言葉では言い表すのは難しいのですが、宏依と長い時間ここに居ました。

食材が新鮮そうで揃っている。googooカンボジア店ができそうです。

IMG_4013.jpgIMG_4014.jpg

IMG_4015.jpgIMG_4016.jpg

IMG_4017.jpgIMG_4018.jpg

IMG_4019.jpg

IMG_4020.jpgIMG_4021.jpg

IMG_4022.jpgIMG_4023.jpg

臭そうに見えますが、臭くありませんでした。新鮮なのかな?

IMG_4024.jpgIMG_4027.jpg

さすが海の街で海鮮も多いです。ここも臭そうに見えますが、そんなに臭くありませんでした。

普通のおさかな屋さんです。

IMG_4028.jpgIMG_4029.jpg

IMG_4030.jpgIMG_4031.jpg

少し値段を聞いてみたら安い。

IMG_4032.jpgIMG_4033.jpg

IMG_4034.jpgIMG_4035.jpg

IMG_4036.jpg

帰り道に他の日本食屋さんの前を通ってみた。寿司、刺身が中心メニューの 侍(地球の歩き方から)

IMG_4037.jpg

定食類もそろっているらしい。本格的な日本料理店の 空海(地球の歩き方から)

IMG_4039.jpgIMG_4038.jpg

 

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

 

ゴールデンライオン

IMG_4040.jpgIMG_4041.jpg

カンボジアのおでんのような物です。

IMG_4042.jpgIMG_4043.jpg

明後日は移動で早く起きないといけないので、明日ではなく今日海鮮BBQにしました。

IMG_4044.jpgIMG_4049.jpg

タコとイカとビールが7杯

タコ4,75ドル。イカ4,50ドル。ビール0,50ドル×7(日本円114円計算で合計1,453円)

IMG_4047.jpgIMG_4048.jpg

少し勢いが付いたので日本人経営のBarに行ってみた。

実は先回のシアヌークビルで日本人経営のBarを見つけていた。

前回泊まった、ブルー・シー・ホテルへ向かう狭く暗い道路を歩いていたら、暗くて良く分からなかったのですが、僕は小さくておしゃれなBarがあるなーと思って見ていたら、こんにちわーって声を掛けられた。えっ?お店はまだですかと尋ねるともう少しとの事でしたので、一旦ホテルに戻り出直してきました。googooカンボジア店や色々な話が出来て楽しかったです。

 

2017年2月1日

 

今日はシアヌークビルでまだ行っていない、ソカビーチに行ってみた。

ソカ・ビーチ・リゾートのプライベートビーチらしいです。整備されていたビーチでした。

宿泊者以外でも20ドル払えば、タオルと1ソフトドリンクが付くらしい。

IMG_4054.jpgIMG_4055.jpg

その日の夜は、地球の歩き方に載っていた、イタリア人シェフが居ると言われる、マルコポーロへ

IMG_4060.jpg

ピザ(ディアボーラ)6,75ドル、パスタ(ボロネーゼ)6ドル、ビール少々高めの1,25ドル×4

17,75ドル(日本円114円計算で2,023円)シアヌークビル最後なので少々奮発。

IMG_4057.jpgIMG_4059.jpg

 

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

 

明日は、カンボジアの首都プノンペンに向かいます。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 


海外旅行 ブログランキングへ


国内旅行 ブログランキングへ

2017.02.06 Monday

ロン島からもう一つの離島でロン・サムレム島へ

2017年1月27日〜30日

 

今日はロン島からもう一つの離島で、ロン・サムレム島へ渡ります。

朝起きて海岸へ行ってみたら海水が上がっていた。

IMG_3917.jpg

生活用水は、雨水も入ってますね。

IMG_3918.jpg

前回の日記にも書いた安い食堂です。Buva Seaオフィスの脇から入って直ぐです。

船で朝から移動するので朝ご飯を食べました。

IMG_3922.jpg IMG_3923.jpg

フライドライス1,25ドル(日本円114円計算で142円)

IMG_3924.jpg

船に乗り込みます。僕達は、ロン島まで来るのにスピードボートに乗ってきて、同じボート会社にお願いしたから同じスピードボートだと思っていたら違った。チケットを係員に渡している人達を見ていたが、色々なボート会社のチケットが回収されていたので、どの会社で買ってもロン・サムレム島への移動はこの船だったと思います。個人的にお願いをすれば地元の小さいボートだったかもしれません。そっちの方が早いかも?

IMG_3927.jpg

島は比較的近いのに、ちんたら1時間も掛かった。揺れるし遅いし凄く疲れた。

IMG_3930.jpg IMG_3931.jpg

ロン・サムレム島に上陸

IMG_3932.jpg

今回は、シービューの小さなコテージです。ザ ビーチ アイランド リゾート

少し料金が高めで一泊一部屋の値段が5,410円、一人計算で2,705円です。

水シャワー、扇風機、他は鏡が付いているくらいかな?

このホテルは一番立地の良いところで他を見渡してもトップクラスに綺麗そうでした。併設されているレストランも値段が高めで、落ち着いている方々が集まっている感じです。このホテルが水シャワーなので、新しい宿は分かりませんが、ロン島もロン・サムレム島も、どのホテルも水シャワーかもしれません。

IMG_3935.jpg IMG_3936.jpg

WiFiが飛んでいるのはレストラン付近だけ。電波は部屋まで来ていませんでした。なのでここでもパソコンは開いていません。

IMG_3938.jpg IMG_3934.jpg

 

ロン・サムレム島でもコクーン(COCOON)トラベルシーツを敷いてみた。

ダニ防止と、100%シルクで、つるつるさらさらで涼しく感じ寝心地が一段と良くなります。

COCOON(コクーン) ST50-Cトラベルシーツカップラー チェックドシルク(100%シルク) 収納ケース付 12550019802(ei0a080)

IMG_9831.jpg IMG_9677.jpg

僕達が宿泊した部屋は2番目に料金が高い部屋で、他の部屋は奥に入り段々と海が見えなくなります。その他は横に10m位の2階建ての建物があって外からは丸見えでベットが並んでいて、一つ一つに蚊帳が付いていたドミもありました。もう少し若かったらここでも良かった。面白そう。他の宿はテントが並んでいた宿もあった。700円だっかな?下の写真の部屋はトイレ共同だと思います。

IMG_3975.jpg IMG_3976.jpg

IMG_3978.jpg

ここは僕たちが泊まったお部屋。

IMG_9701.jpg

この左側が一番良いお部屋です。

IMG_9710.jpg

 

安いお宿のご予約は下記へどうぞ!

 

この島に来てから中国語の注意看板を多く見かける。その時はここも中国人が良く来るんだろうな〜としか思っていなかった。

IMG_9724.jpg

いくつかある桟橋で、一番南にある桟橋です。よくボートが発着していたので、少し遠いのですが帰りのボートの確認をする為に来てみたのですが、Buva Seaのオフィスは有りませんでした。

IMG_9702.jpg IMG_9703.jpg

レストランで昼食を食べていた時に島の地図を見かけた。よく見ると宿泊しているこのホテルの裏辺りから西側に抜ける道があった。ホテルの裏側を見渡していたら僕らの泊まっているコテージの裏に道を発見。宏依は見て見ぬふりをしていたが、僕は後悔をしたくないので行きます。

IMG_3944.jpg

ロン島の山より楽でした。

30分位です。僕の家の地域にある山で例えますと、ロン島は角田山で、ロン・サムレム島は護摩堂山

IMG_3946.jpg IMG_3960.jpg

IMG_3974.jpg IMG_3966.jpg

IMG_3965.jpg IMG_3964.jpg

IMG_3963.jpg IMG_3962.jpg

IMG_3973.jpg

到着

IMG_3948.jpg IMG_3952.jpg

ロン島のように綺麗な海を期待していたが、あまり綺麗では無かったので直ぐに退散。また山道を帰ります。

IMG_3951.jpg IMG_3950.jpg

下の写真は夕食のピザです。お店の名前は忘れましたが、ピザは6ドル〜、ビールは1,5ドルでした。

この島は少し高めです。安く済ませるのであれば本島から何か持ってきた方が良さそうです。ですが冷蔵庫はありません。

僕と宏依は、ここの店主に何故かトルコ人に間違われた。店主はイタリア人で、日本にも3ヵ月居たと言っていた。

IMG_3982.jpg IMG_3981.jpg

 

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

 

1月28日だったか29日の朝日です。

IMG_9726.jpg

IMG_9731.jpg

IMG_9733.jpg

朝は気持ちが良い。

IMG_9737.jpg

この日は朝から穏やかでした。

IMG_9747.jpg

IMG_9751.jpg

IMG_9754.jpg

今回このホテルに泊まって思ったのですが、海が直ぐ見えるからのんびり出来たようです。ロン島のバンガローも遠くから海が見えたのですが、海が近くではなかった為か、何もする事がなくて物足りませんでした。直ぐ近くで海が見えるだけで何時間かぼーっとできた。少しお金を払ってでも良いお部屋が良いようです。昔は安い宿から探していたんですけどねぇ。

IMG_9755.jpg

確か朝の9時位ですよ。

IMG_9750.jpg

このロン・サムレム島に3泊したのですが、午前中からこの船が毎日来るんですよ。

ロン・サムレム島に来る船の中で一番大きいです。

IMG_9804.jpg

IMG_9807.jpg

中国の団体観光客です。凄い人数です。

IMG_9809.jpg

荷物がないので、日帰りツアーだと思います。

IMG_9810.jpg

他の桟橋からも

IMG_3986.jpg

IMG_3985.jpg

本当にビックリしますよ。小さい島で一気ですから誰も居ない静かな海岸が渋谷みたいになります。

IMG_9704.jpg

僕たちのコテージの近くの話なんですが、その方々が過ぎ去るとゴミが散らかっています。観察して見ていたらホテルの清掃員が砂を掃き掃除をしていたコテージの中まで入って行って記念撮影をしたり、コテージの玄関にある水道を勝手に使ったりでひどいありさまです。この船が来るたびにホテルのフロントの女の子が出てきて、すごい剣幕で怒っていました。毎日です。両手で出て行けと。チャイニーズ、チャイニーズと怒っていた。それであの中国語の看板があったんだと気づきました。

 

見ていると個人で参加している人達はそんなでもないのですが、10人や20人で参加している人達のモラルが無いように思えます。個人で参加しているような方々で煙草を吸っていても砂浜で煙草を消して持って帰っていた人も居た。全員が悪いわけではありません。

 

僕が後ろから見ていると袋から食べ物を出してゴミを捨てようとしたときに、僕と目が合いゴミを袋に戻したりしていました。悪いと思っているなら最初から袋に入れればいいのに。

 

テレビ番組の、そんな所に日本人で、千原兄がアフリカ大陸で会った、日本人年配夫婦の無口な旦那さんが、「郷に入れば郷に従え」と言っていたのを凄く思い出します。まさしくその通り。

IMG_3979.jpg IMG_3980.jpg

 

下の動画は、その団体さんが居なくなる16時頃です。このころ僕もスーッと力が抜けます。島としてはどちらが良いのだろう?この海岸の一番北には中国の団体さんが泊まっているとみられる大きな宿がありました。24時頃まで大音量で中国音楽が流れていた。

 

ゆっくりの時間に慣れて、僕はもう一泊してもいいなぁ〜と思っていた。

でも、また来るかって言われると、どうだろう?ロン島より静かな島だと思い、ロン・サムレム島を3泊取ったのだが、ある時間を抜けては静かではなかった。来てみないと分からないですね。中国マネーに助けられているのも確かだと思います。なので僕が静かな場所を探して今度は旅をします。

夜は花火も上がり、星も綺麗でした。少し夜の海で遊んでみた。

IMG_9816.jpg IMG_9811.jpg

IMG_9827.jpg

それと離島へ何回か行ったことがあるのですが、大半が島の東側ににぎやかな店が集中しています。なんでなんだろう分かる方教えて下さい。西側の方が夕日が見えるのに。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 


海外旅行 ブログランキングへ


国内旅行 ブログランキングへ

2017.02.05 Sunday

シアヌークビルから離島のロン島へ

2017年1月25日〜26日

 

今日もブルー シー ブティック ホテルの朝食から。

IMG_3838.jpg IMG_3839.jpg

出発がAM9時でしたが、30分前に到着。チケットは昨日買っていました。詳細は昨日の日記で!

IMG_3840.jpg IMG_3844.jpg

IMG_3845.jpg IMG_3847.jpg

30分位でロン島に到着〜

風が強く波も立っていたので、どうなるかと思っていたが無事に到着しました。少し怖かった。

運転手の最初はボートを飛ばしていたのですが、途中でスピードもゆるめた。波が高かったです。僕も毎年海に出ているので波を見るんですよね。ボートは波と波の間を走っていた。一番衝撃が少なく安定しているラインです。僕が心配しなくても毎日走っているプロが運転しているから大丈夫だと自分に言い聞かせていた。

IMG_3850.jpg

島で一番にぎやかな場所です。

IMG_3853.jpg

少し歩いてホテルに到着。桟橋から下りると砂浜なのでスーツケースではタイヤが転がりません。

 

インドネシア、バリ島の隣のロンボク島の離島で、ギリメノ、ギリアイル、ギリトラワンガンに似た雰囲気です。

2012年

2015年

 

アイランド パレス バンガローズ リゾート

お部屋は、B07のバンガローです。一泊一部屋の値段で3,099円。一人計算は1,549円

水シャワー、扇風機のみ、蚊帳、他は全く何もありません。あとは電気と鏡があったくらいです。

ドミを探せば、数百円の安い宿もありますが、離島の料金は平均的に高めです。

IMG_3854.jpg

蚊帳、ハンモック

IMG_9634.jpg IMG_9635.jpg

こんな感じな宿でも、宏依は景色を見たらテンションが上がったとボソッと言っていた。たくましくなったものです。何人の日本人がこの手の宿で我慢できるか?水は水でも汚い水です。ここでは歯磨きもミネラルウォーターで歯磨きを致しました。

IMG_9638.jpg IMG_9639.jpg

安いお宿のご予約は下記へどうぞ!

 

ホテルのフロント前からの写真です。僕が乗ってきたボートは、Buva Seaでしたが、この桟橋にはG.T.V.C.のオフィスがあったので、G.T.V.C.のスピードボートに乗れば目の前に着いたかもしれません。

IMG_3857.jpg IMG_3858.jpg

早速、海岸を探索です。

IMG_3859.jpg

旅猿で東野、岡村、出川さん達が入っていた、モンキーアイランド

IMG_9654.jpg

宿から北に進んで行ったのですが、段々と綺麗な海が見れました。

IMG_2478.jpg

IMG_2482.jpg

IMG_2483.jpg

少し海水浴をしながら海でのんびり

夕食は、屋台で安く済ませました。

IMG_3869.jpg IMG_3868.jpg

宿泊したホテル付近が島で一番にぎやかな場所なんです。欧米人が集まっているのでガンガンうるさいです。お店に入るとお金を使ってしまうので、今回は、ビールをマーケットで買い、屋台でつまみを買い、屋台の後ろにあるテーブルで夕飯を済ませました。海も近くの砂浜の上です。

 

お腹がいっぱいになったので宿に戻り、暗くて全くすることも無いので早めの就寝。お部屋も丘の上の方でWiFiも届いたり届かなかったり。全く何もすることが無い。WiFiの状況も悪いので日記も島に居る時は書けませんでした。

 

 

2017年1月26日

早く目が覚めたので朝日鑑賞

IMG_9665.jpg IMG_9668.jpg

IMG_9671.jpg

ここで持ち物を少し紹介

トラベルシーツのコクーン(COCOON)

最初はシェラフ(寝袋)の中に入れる為に買っていました。

このシーツは筒形だけではなく、チャックを外すと広がりシーツにもなります。

何が良いかと言うとダニ防止、100%シルクなので、つるつるさらさらで涼しく感じます。寝心地が一段と良くなります。

IMG_9673.jpg IMG_9674.jpg

小さくて軽いのも便利です。

IMG_9677.jpg

 

Cocoon(コクーン) ST50-C カップラー シルク チェックドシルク

COCOON(コクーン) ST50-Cトラベルシーツカップラー チェックドシルク(100%シルク) 収納ケース付 12550019802(ei0a080)

 

 

バックパッカーでの旅をしていて、一番使っていて重宝しているのが、100均に売っている洗濯ロープ。引っかけるだけで長さが自由に調整できるので便利。宿に着いた瞬間出します。安宿は収納スペースがないのでホント重宝しています。おまけに100均に売っている洗濯バサミとセットです。

IMG_3875.jpg IMG_3877.jpg

これも便利、ホステルやゲストハウスなどのシャワールームで吊るします。共同のシャワールームでも便利ですよ。安宿にはシャンプーや石鹸を置いておくスペースが無い宿が多いです。

IMG_3879.jpg

 

【ポイント最大12倍】【旅行用品】MILESTO ミレスト バスルームオーガナイザー 4L トラベルポーチ 洗面用具 化粧ポーチ バスルームポーチ

 

 

どこで買ったか忘れましたが、下記写真はトイレットペーパー入れです。旅をしているとトイレットペーパーが無いトイレも多くあります。安宿にはティッシュペーパーもありません。何かと便利に使ってます。

IMG_3880.jpg

 

トランキン-TRUNKIN ロールペーパーバッグ

 

 

これは日本でもよく使っている、スノーピークの雪峰

真空なので温かい物は長く温かく、冷たい物は長く冷たく、更に重ねられてチタンで軽い

IMG_3882.jpg IMG_3883.jpg

 

snow peak(スノーピーク) スタッキングマグ雪峰Sセット TW-137納期:2017年03月下旬カップ バーべキュー用品 調理器具 テーブルウェア テーブルウェアセット アウトドアギア

 

ここからは島の反対側(西側)を目指した時の写真です。山道はBuva Seaのオフィスの隣を入って行きます。

少々の登山で時間が掛かるのが分かっていたので、地元のボートタクシーと看板が上がっている店舗に聞いてみたら今日は波が高くて船を出せないと言われた。僕たちは歩いて反対側のビーチに向かう事にしました。この少し奥からケモノ道が始まります。僕も少々不安でしたが携帯電話のGPSがあって良かったです。山道には全く誰も居なかったので、後から外人さん達も合流してきて心強かった。登山の感覚は角田山にビーチサンダルで登った感じです。

IMG_3912.jpg

こんな場所を、1時間掛かりました。尋常じゃない汗でした。

IMG_3886.jpg IMG_3891.jpg

海が見えた〜

IMG_3892.jpg

綺麗

IMG_3893.jpg

来て良かった。

IMG_3896.jpg

周りに誰もいません。プライベート感たっぷり。

IMG_3899.jpg

IMG_3901.jpg

この山の中を1時間掛けて抜けてきた。

IMG_3894.jpg

何時間か海を満喫いたしました。

山を抜けた場所は、この海岸線の一番南です。北の方に行くとホテルや桟橋があってボートが出ている予想をしていましたが、一番北の方まで行ってボートが無いと言われるとまた戻って登山を始めないといけないので、一旦ボートが3隻停泊していた比較的近い南の桟橋に行ってみた。

 

人影が見えないけど桟橋の先の方に向かっていると、後ろから声が掛かり少年が1人走ってきた。

僕たちは、ボディーランゲージで島の向こうに行きたいとジェスチャー。少年は今日は波があるから駄目だと手を振る。しばらく歩いているとバイクでも送れると言ってきた。いくらか聞くと1人5ドルと言われた。僕たちは高いと首を振る。少年は車でも大丈夫と言う。僕たちは首を振る。僕たちは(仕方ない歩いて帰ろうか)と、この山道の途中まで来たら後ろから違う少年の声が掛かりバイクで6ドル(1人3ドル)で手を打った。海沿いに車が通れる道があるようです。しばらく走ると行き止まりになっていて、ここから15分歩けと言われた。無事に着いたのですが、この道があるのであれば、ここまで来て地元のバイク乗りに交渉すれば安く反対側に来れたかもしれません。

 

バイクで送ってもらった動画です。

 

島のメイン通りに戻りました。

ロン島は、2日間の滞在です。明日は、ロン・サムレム島に移動するので、私たちがロン島まで乗ってきたBuva Seaのオフィスで、ロン・サムレム島行きのチケットを買った。最初は1人7ドルと言われて、ん?シアヌークビルのオフィースでは5ドルと言われた事を伝えると5ドルになった?なんなんだ・・・?

IMG_3911.jpg IMG_3909.jpg

 

下の写真は夕飯です。フィッシュ&チップス3.5ドル、フライドヌードル1.23ドル、ツナサラダ3ドル(日本円114円計算で合計883円)島をうろうろして安いお店を見つけました。

 

ここに入ってくる欧米人が注文している物を見ていると、ほとんどの外人さんが、1,25ドルのフライドライスか、フライドヌードルか、スープヌードルを1人1品づつ注文して食べてました。(日本円114円計算で142円)外人さんは長期の旅の人が多いので節約している人が多いです。まだお店に入る外人さんは良いです。ドミトリーなどの2段ベットがあるような共同部屋に泊まっている人は、マーケットで大きな食パンやバケットを買ってかじってます。数日間食べると思います。

IMG_3916.jpg IMG_3913.jpg

 

海外旅行は高く感じますが、ツアーではなく自分で決めれれば日本国内の旅行より安いと思います。宿も500円位からあるので、旅は若いうちに出掛けましょう。若ければ無理もききます。僕はそろそろ安ければいいだけのバックパッカーは辛くなってきた。宿も食べ物もある程度の値段を出したい。安い物は安いなりです。若いときは笑えたが、今はやる気が無くなったり、気がめいります。

 

今回、ロン島で宿泊している時に思ったのですが、僕はにぎやかな場所も好きで、良く欧米人が居る場所に宿を取ります。今回もロン島で一番にぎやかな場所に宿泊したのですが、もうドンドンとうるさくて、うるさいのが飽きてしまった。シェムリアップほどにぎやかではないのですが、今回は近寄るのも避けました。メリハリとでも言うのでしょうか?遊ぶ時は遊ぶ。のんびりする時はとことんのんびり過ごす。この島では東側ではなく西側の静かな場所に宿をとれば良かったと後悔しました。夕日も見れますしね!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 


海外旅行 ブログランキングへ


国内旅行 ブログランキングへ

2017.02.04 Saturday

シアヌークビル、ロン島に渡る前の最終日

2017年1月24日

 

今日は、ロン島に渡る前の、シアヌークビル最終日

下の写真はホテルの朝食です。

IMG_3804.jpg

今日も時間があるので、レンタルバイクに乗って、最後に海を見てきたいと思います。

 

 

最初は、セレンディピティビーチ

IMG_3829.jpg

IMG_3827.jpg

 

次は、オートレスビーチ1だと思います。

IMG_3805.jpg

IMG_3806.jpg

IMG_3807.jpg

オーチュティルビーチからの道路が整備途中です。

IMG_3808.jpg

 

オートレスビーチ2

IMG_3809.jpg

IMG_3812.jpg

IMG_3813.jpg

 

ロングビーチ

IMG_3819.jpg

IMG_3822.jpg

IMG_3824.jpg

IMG_3815.jpg

IMG_3816.jpg

IMG_3817.jpg

 

明日の離島へ渡る船のチケットを買います。

今、日記を書いている時は、少々過去の状態なので気づいた事を書きたいと思います。

 

町にもボート会社の代理店があちらこちらにあります。僕はどこでも良かったのですが、一応桟橋に行ってみた。

桟橋の中にも数社のボート会社が並んでいました。どの船に乗っても一緒だと思い、僕は一番最初に目が合ったカウンターに行った。Buva Seaです。スピードボートと大きめな船の2種類だとか?移動時間も30分と40分だと言っていた。料金も一緒だったので僕たちは、スピードボートを選択

 

ここまでは普通なのですが、他のボート会社と比べると出発時間が多少違う。これも問題ない。3社くらい大きい会社があるのですが全て早いボートなので問題ないと思います。中には遊覧船のような物もありました。波が荒い日もありましたので、景色を望んでもスピードボート系が良いと思います。料金は往復20ドル。片道はなくオープンチケットだそうです。

 

シアヌークビルから島までツアーも出ていましたので、安いからといって多く乗れる遊覧船は、波があった時には辛いですよ。正直今回の行きのスピードボートでも波があり少し怖かったです。

 

それは置いておいて、問題はボート会社によって発着する桟橋が違うようです。もし離島で宿を決めているのであれば、宿の近くを発着するボート会社を調べた方が良さそうです。(特にロン・サムレム島)スーツケースもたまに見かけましたが、桟橋から下りた瞬間ロン島も、ロン・サムレム島も砂浜です。引きずっても辛そうで、担いでも辛そうでした。日帰りで荷物が無ければ良いのですが、桟橋と桟橋の間は結構な距離があります。近い桟橋を発着するボートを選んだ方が良さそうです。

IMG_3834.jpg

IMG_3833.jpg

IMG_3832.jpg

IMG_3835.jpg

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 


海外旅行 ブログランキングへ


国内旅行 ブログランキングへ

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
私の安い航空券はスカイスキャナー検索!いつもここからスタートです。
比較して決めたブログサイトです。是非お試しください!
独自ドメイン取得
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
 
Meil
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode